美しい体の作り方

美しい体の作り方詳細

落ちにくいセルライトを一気に撃退して、下半身太りを解消する方法!


こんにちは!表参道リンパドレナージュ専門店poli(ポーリ) 加藤 美貴です。

 

九州では、梅雨入りが発表されましたね。

関東ももう少しで、本格的な梅雨入りを迎えます。

 

梅雨の時期は浮腫みが悪化したり、太りやすくなる時期です。

 

 

梅雨時期に太りやすくなる原因は、雨の日は、低気圧の為身体が冷えやすく、

リンパの流れも悪くなり余分な水分や毒素等の老廃物が溜まりやすくなってしまうからです。

 

梅雨の時期は、水分が身体に溜まるので、手足の浮腫みが重症化しやすいのです。

雨が上がったにもかかわらず、まだ足の浮腫みが取れていなければ、あなたのリンパの流れが滞ったままになっています。

 

 

ひどい浮腫みを放置していると、そこに脂肪や老廃物やコラーゲンなどが固まって、セルライトになってしまいます。

 

セルライトとは、脂肪細胞が変化したもの。セルライトが出来ると、さらに浮腫みが取れにくくなり、冷えが悪化し、体の調子が悪くなってしまいます。

 

 

今や日本女性の8割が、下半身にセルライトが付いていると言われます。

 

日本特有の梅雨で、身体が浮腫んだ状態で、真夏のクーラーで身体が冷え、本来の代謝機能が弱ってしまう事で 痩せていてもセルライトが付きやすくなっているのです。

 

セルライトがあるとお肌の表面がデコボコして、見た目も悪くなり、綺麗なボディラインとは程遠いものになってしまいます。

 

 

嫌ですよね。

しかも、このセルライトは、一旦付いてしまうと、なかなか落ちないやっかい者です。

 

 

あるお客様は、上半身はモデルさんの様に細い方が、下半身のボリュームでお悩みだった方がいます。

彼女は強い冷え性で、セルライトを何とかしたいと大手エステサロンでマシーンを使って、セルライトを熱で平らにする施術を長年受けておられました。

しかし、マシーンの無理な熱によって皮膚が老化していて、ベッドで横になると、張りの無い皮膚が流れて広がる状態でした。

 

 

梅雨時期のリンパの滞りから老廃物が漏れ出し、皮下の脂肪細胞と合わさって増えてしまい、更にそれが原因で血管が圧迫され血流が滞り冷えが悪化。

 

今回の症状の原因は、脂肪細胞が変化してセルライトが付いてしまった為だと分かりましたので、元の流れ、リンパの流れを正常にする事からスタートしました。

まず、しっかりひまし油の温熱療法から始め、リンパを何度も何度も流すことにより、溜まっていたセルライトが上手くリンパに回収され、下半身がスッキリしたラインになって行きました。

流している途中、詰まっている所は、施術する手が滑らず引っかかります。だんだん流れが良い状態になると、思ったところに手が進むので、後は彼女の希望するラインに創りあげて行くだけ。

 

彼女は、下半身がスッキリ細くなり、自信を持ってミニスカートが履けるまでになりました。

更に体質が変わってセルライトが付きにくくなったのです。

 

 

一度ついてしまったセルライトを、減らす事は容易ではありませんが、リンパの流れを改善し、身体を温める事で、セルライトは減っていきます。

 

 

 

梅雨にの時期は、水が腐りやすく、食べ物にカビが生えやすい時期です。しかし、ダメージを受けるのは食品だけでなく、人も同じです

 

身体に溜まった水分が腐りやすい時期でもあるのです。人間の身体にはたくさんの水分があります。余分な水分が溜まり、体内の水が汚れると、冷えや浮腫み等の体調不良や肥満を引き起こします。

 

梅雨の時期こそリンパの流れをスムーズにして、余分な毒素を排泄し、体内をクリーンにすれば、綺麗なボディラインで夏を迎えられますよ。

 

 

ぜひ、本格的な夏前に!あなたのお越しをお待ちしております。

poil (ポーリ)

住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-1-32 南青ハイツ709
アクセス
千代田線・銀座線・半蔵門線
表参道駅 A5出口より徒歩5分
根津美術館前
TEL 03-6427-2746
受付時間
平日 12:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
お休み 不定休

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1ObT65q
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る